「AppleはESPNの配信に理想的なパートナーであると報じられていますが、契約はおそらく成立しないとされています」

Apple報道でESPNとの配信契約が難しいとされている

Appleは、メディア大手のディズニーがESPNの配信拡大を支援するための戦略的パートナーを探している複数のテクノロジーカンパニーのうちの一つです。ただし、報告書には実際にディズニーがAppleと議論を行ったかどうかは示されておらず、両社の間でスポーツパートナーシップが成立する可能性は低いいくつかの理由があります。

まず、報告書によると、iPhoneにESPNアプリがプリロードされるというアイデアはディズニーにとって魅力的ですが、Appleは2012年のiOS 6でYouTubeがプリインストールされたアプリとして削除されて以来、サードパーティブランドのための組み込みiPhoneアプリを提供していません。

第二に、ESPNは現在、ケーブルおよび衛星テレビパッケージを通じてのみ利用可能であり、Apple TVアプリを介してストリーミングされるには適していません。報告書によると、ディズニーは2025年を目途にスポーツネットワークをアラカルト方式で提供することを検討していますが、その時期は即時のパートナーシップを排除するものと考えられます。

代わりに、AppleはApple TVアプリおよびApple TV+ストリーミングサービスを通じてライブスポーツコンテンツのグローバル権利を取得することに注力しています。たとえば、AppleはMLSと10年間のパートナーシップを結んで、すべての試合を世界中でストリーミング配信しています。

Appleとディズニーはすでに密接な関係を持っており、ディズニーのCEOであるボブ・アイガーはWWDC 2023でステージに登場し、ディズニープラスがAppleのVision Proヘッドセットでローンチ時に利用可能になることを発表しました。アイガーはまた、2011年から2019年までAppleの取締役会のメンバーを務めており、Appleの共同創業者であるスティーブ・ジョブズとも親友でした。しかし、現時点では、ESPNを含む両社の間でパートナーシップが成立する可能性は低いとされています。