「クアルコムの予約制博物館が初期の携帯電話やモバイルテクノロジーを展示」

The condensed result is Qualcomm's reservation-only museum exhibits early mobile phones and mobile technology.

Qualcommのサンディエゴ本社には、モバイル電話業界のタイムカプセルとなっている博物館があります。同社は1985年に設立され、数十年にわたって成長し、初期の衛星通信デバイス、3G電話ネットワークを支えたCDMAモバイル技術プロトコル、そして最近ではSamsung Galaxy S23などの電話に搭載されているSnapdragonプロセッサなどを開発しました。

博物館は平日に開館していますが、訪問するには事前予約が必要です。したがって、最近の本社訪問時には、過去の通信デバイスが展示されている博物館に潜入しました。ここに埋め込まれたギャラリーでハイライトをチェックできます。

Qualcomm本社の予約制博物館の中には、レトロな電話がたくさんあります

これには、トラッキング業界向けに作られた初期のテキストメッセージとGPSデバイスであるOmnitracs、外部カメラを取り付けて写真を撮るフリップ式のカメラ付き携帯電話、そしてCDMA技術の開発に関するいくつかの展示が含まれています。CDMA技術は2022年末にVerizonが3Gネットワークを停止した際に最近廃止されました。

Qualcommはまた、国家安全保障局(NSA)の衛星通信にも関与しており、博物館には大統領専用リムジンで使用された衛星電話の例も展示されています。