「ウォルマートが一部のテキサス州民に卵とアイスクリームをドローンで配達する予定」

Walmart plans to deliver eggs and ice cream to some Texas residents using drones.

テキサス州のダラス・フォートワース地域の適切な地域に住んでいる場合、今年中にウォルマートの商品や食品をドローンで自宅に30分以内に配達することができます。

Googleの親会社であるAlphabetのドローン配送会社であるWingは、数週間以内にテキサス州フリスコのウォルマートスーパーセンターから、そして今年中に近くの2番目の店舗から配達を開始すると、両社は述べた。

ドローン配送には多くの課題があります:技術、規制、騒音、コスト、安全性、および一般の受け入れ。しかし、スタートアップ企業やテック巨人が調整を行う中で、ドローン配送は世界中の数百万人に広がっています。それは一部の商品に即時の満足感をもたらし、通りにあなたや配達バンが必要ないことを意味します。

ウォルマートの広報担当者であるリンジー・コールターは、「Wingのドローンは約3ポンド以下の荷物を運ぶことができ、食料品、家庭用品、市販の薬など、幅広い製品で始めます」と述べました。少なくとも現時点では配達手数料はありません。

顧客はAndroidまたはiPhoneのWingアプリで製品を注文することができます。自宅の住所を入力すると、配達が可能かどうかが表示されます。この運用範囲はウォルマート店舗から約6マイルまで拡大されます。

ドローン配送は現実です

  • 気づいていない場合、既にドローンがピザを配達しています
  • Wingの自動積み込みドローン配送システムをご覧ください
  • Ziplineの新しいドローンが、さらに数百万人に航空配送をもたらします

現時点では、ドローン配送はテストが許可されている地域に限定されていますが、それらの地域では真剣なビジネスになっています。WingやZiplineなどの企業は何十万もの配達を行っています。ダラス・フォートワース地域はこの技術の温床であり、いくつかの企業が配達サービスを提供しています。

同社は複数のドローン配送オプションを評価しています。ウォルマートは2021年にWingのライバルであるDroneUpに投資しました。また、Ziplineとの契約もあります。

コールターは、「我々が最も得意とすることに集中できるよう、スピードと持続可能性に焦点を当てた専門家とのパートナーシップに興味があります」と述べました。

他のドローン配送企業には、Amazon、Drone Express、Matternet、Mannなどがあります。